【 2018年03月14日 : 尾白川中流部 】
毎年のことながら、あぁここはいつ来ても綺麗な渓だなぁ…と言うのが今シーズン初の尾白川の印象。
尾白キャンプ場脇から入渓すると、もう既に渓沿いに真新しい足跡が沢山付けられている。まぁ平日とは言え10時をまわった時間ではこれも仕方無いか。
今週初めの天気予報では、昨日と今日辺りは日中20度を超える気温が予想されていたので、ドライフライでの釣りをかなり期待していたのだが、 辺りを眺めるとムシの「ム」の字も飛んでいない。どうするか?一応ベストにはニンフも忍ばせてはいるのだが……
少し悩んで、生暖かい気温でもある事だし、わずかな期待を込めて14番のソラックスダンを結ぶ事に。 明らかにデカ過ぎるとは思ったが、期待半分だったので視認性を優先した。

細かい魚が方々に散るので魚影は濃いのだが、目視は出来てもいかんせんドライへの反応は全くなし。やっぱり3月中旬だと、まだ早いんだよなぁ… 広いプールの落ち込みに遠投した時、ゴボッと反応が!
「をを?ビックリした!!!ウソだろ?!」
すかさず合わせてめでたくフッキング。3月14日に#14のドライに出た。トップ写真の通り。

以降千ヶ淵までの行程で、2度ほど反応があったがいずれもフッキングには至らず。
写真は千ヶ淵。
毎年ここは満々と水を湛える深場の有名スポットなのだが、去年立て続けに上陸した台風が影響して、上流からの砂礫流入でかなり埋まってしまった。
底の岩場がここまで埋まってしまっては魚は居着けないだろうと思うのだが、意外や意外、淵の左奥で釣りをしていた方に話しを聞くと、3月4日は入れ食いだったとの事。 餌釣り師が手ぶらだって事は、今日の釣果は芳しくない様だ。

キャンプ場脇からここまでの行程において、これまでの良ポイントは砂でフラットになってしまった箇所が多くあったので、全ては台風被害によるものと思われる。
千ヶ淵手前の登山道に大きな立て看板と、その直ぐ後ろにステンレスの重厚な通せんぼゲートが鎮座していた。こんなの作ったんだ……あちらこちらの木々にまで「通行止め、通行止め、通行止め」、 「危険、危険、危険、危険」といった具合に、ひつこいくらいの注意書きが目に留まる。
考えて見れば、ここ最近この渓谷道において、去年の男児滑落死を筆頭にその前は軽装の男性が事故死、そのすぐ前にも滑落死するといった具合に事故が相次いでいる。 それだけに市と警察はかなり神経質になっている様だ。

ワタシのお気に入りのフィールドは、千ヶ淵の滝の落ち口から釣り上がるルート。だが、昨年秋に発生した側壁の崩壊によって、滝上へと誘導してくれるルートが絶たれてしまった。 よって、これ以遠で釣りをされる場合は、かなりの回り道を余儀なくされるが別ルートの尾根道を利用すべし。このルートを利用すると神蛇滝が一望出来る「龍神平」へ到着出来る。 ここが渓谷道との分岐地点になるので、急勾配(と言うより急降下)のルートを真っ逆さまに降りる事で渓に降り立つ事が出来る。
もしくは、日向山登山コースの矢立石にクルマを停め、林道を使って不動滝上へと取るルートが賢明かも知れない。
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.