主に山梨県内のフライフィッシングに関する話題をお届けする釣り情報サイトです。
[ホーム]
芸者ロッド・リメーク計画

11月3日(金)、久しぶりに実家の横浜へ出向いた際、「アウトレットモールで買い物をして帰りたい」とのおかんの一言で、一路 ベイサイドへ向けて車を走らせる事にした。
モールの一角に出店されていた Fox Fire に気づき、掘り出し物がないかと店に入って見ると、FFコーナーに置かれた数有るロッドの中にバンブーが無造作に陳列されていた。しかも 値段は1本"¥3,000-"。一瞬目を疑い、店員に念を押すと、どうやら間違いない様だ。さらに別コーナーには、フェルールやグリップの不良として、半額の"¥1,500-"で2本のバンブー ロッドが売られていた。すっかりご満悦になった私は、ガッチリそれらを握りしめると、冷たいおかんの視線も気にせず、商品のバンブー5本全てを、ルンルンで購入した。いずれも 素材は"孟宗"との事。トンキンだったらもっと嬉しかったのにと思うのはとっても贅沢?

これらは、いわゆる「芸者ロッド」と呼ぶらしい。
店の説明によると、終戦から昭和49年にかけて、外国人向けに作られたお土産用ロッドの余りが、横須賀米軍基地の倉庫に長い間眠り続けていたもの。
今回入手したのは、#5/6・3ピース、ジャスト8フィート。
これらのティップ側2ピースのみを利用して、真夏のボサ川・大門用極短ロッド、5フィートを1本と4フィートを1本に、それぞれ改造してやろうって魂胆。
このコーナーでは、8フィートのボロボロロッドが、新品(に見える?!)ショートロッドに生まれ変わる課程をご紹介しようと思う。



リメークに使用する工具類と交換パーツの紹介  
     
ロッドの採寸  
     
パーツの取り外し  
     
塗装剥がし・研磨  
     
曲がり直し  
     
フェルールの取り付け  
     
スパインの決定  
     
ブランク最終仕上げ  
     
グリップの取り付け  
     
下地塗装  
     
サイン  
     
ラッピング  
     
ラッピング(バーニッシュ仕上げ)  
     
パーツ類のマスキング  
     
仕上げ塗装  
     
リールシートの取り付け  
     
リメーク完成  
     
イメージ画像
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.
イメージ画像