[ホーム/芸者ロッド・リメーク計画]
塗装剥がし・研磨


1,塗装剥がし
表面荒削り用のカンナを利用する。
剥がすと表現するよりは”割る”と言った方が適切。

少しでも力を入れ過ぎると、竹のエナメル質にキズを入れてしまうので、作業はあくまでも軽くゆっくり丁寧に。
2,塗装剥がし(仕上げ)
目の細かいサンドブロックを使用して、荒削りで落とせなかった残りの塗装を削る。
また、特にティップ側の細いブランクは、上記荒削り用のカンナは使用せずに、仕上げブロックで根気良く削る。

六角の形を崩さない様に、くれぐれも注意の事。
3,塗装剥がし(仕上げ)
ブロックの目が細かく、直ぐに塗装粉末が詰まるので、ワイヤーブラシを使用し掃除もまめに。
4,塗装剥がし(仕上げ)
塗りムラがすごいぞ。
厚く塗られた部分と薄く塗られた部分が、波打ってるのが良く分かった。

さすが、¥1,500- !