[ホーム/芸者ロッド・リメーク計画]
サイン
本来、署名は制作者の名前を書き記すものであるが、ここでは何をどう改良したかの記録が残る様に、リメークサインを入れる事にした。

1,番手の決定
私の場合は、下項のサイン時点で番手も記したいので、署名よりも先に何番ロッドに相当するのかを調べておく必要がある。
そのため、先にトップガイドを接着し、必要最低限のラインホールドを確保する。
 
硬化したら、トップに#2,#3,#4、#5のラインを通し、実際にキャスティングを行う。
結果、#2では軽すぎてとてもラインを出すウェイトが無く、#5では重すぎてロッドに付加が掛かり過ぎる理由から、しっくりきた#3と#4を適合ラインとした。
有る程度の飛距離を求める場合は#4が妥当と思われる。
2,サイン
記す内容は、「Remade by Adams #3-4 RE001」と、
「5.0ft H12,12,12」の2項。