[ホーム/芸者ロッド・リメーク計画]
ロッドの採寸
全長 8ft の内、使用するティップ側2本の長さは 5.5ft。こいつらを使って 5ft 分の長さを確保する。

それにしても、フィート寸法って、なんぢゃこりゃぁ!?
馴れてないせいも有るかも知れないけれど、普段10単位で桁を上げていくセンチと違い、4刻みの升目が8つ有って1インチ!?、でもってそれが12個集まって1フット!?
でもって、それが3つ(3フィート)集まって1ヤード!?、でもってそれが1760倍したものが1マイル!?

ぉぃぉぃ...しっかりしろよアメリカ!
オマエんとこだけだぞ、こんな特殊な度量衡制使ってんの。
1,フェルールを抜く
正確に寸法をとる為、ジョイント部を外す。
接着剤が劣化している為だろうか、以外と簡単に抜けた。
2,カット部の採寸
バット部から 0.5ft 分をカットし、長さを決める。

...のであるが、この時点でチョッキリカットしてしまうのは止めておこう。
ジョイント部の折れや加工の失敗による予期せぬトラブルから、回避するのが狙い。
寸法に余裕が有れば、何かと助かる率が上がる為だ。
3,余分をカット
糸ノコを使用して切断。

長さの合ってるセクションを加工するのだから当然では有るが、ティップとバットの長さが変わるのはイヤだなぁ...

まぁ、仕方ない。