[ホーム/芸者ロッド・リメーク計画]
ラッピング
一連の行程の中で、一番単調で且つ作業が長く、面白みに欠けるのがこのラッピング。
#オリャきらいぢゃ...

1,ガイド位置の決定
5フィートロッドなんて所有してないので、何処にどう付ければ良いか解らず、とりあえず所有ロッドの中で一番短い
”SAGE LL366”を参考に取り付け位置を決める。
 
決めたら、テープ等で印を付ける。
 
テープで仮り押さえ。
この際、フット部分を全部覆わず、足先を出しておく事。
同時に、巻くスレッド幅を決め、開始、終了位置の印を付ける。
 
全体のバランスを確認。
ズレが有った場合は、この時点で修正する。
2,ガイド装着
使用するのは、和裁用の絹糸。
ただし、これは好みに応じて、タイイング用のナイロンカラースレッドを選択しても良い。

巻き始め位置にスレッドを置き、クロス状に交差させ、巻き端を固定する。
 
5〜6回転巻く度に爪で寄せ、隙間を詰める。
真ん中辺りで巻き始めの余分スレッドをカットし、抜き輪用のスレッドを装着したら、終了位置まで一気に巻き上げる。

フィニッシュは、切れない様に抜き輪用スレッド(写真の赤糸)をゆっくり引き抜き、先端を巻き糸の中に納める。
 
色バランスを考慮し、好みに応じて服飾するのも良い。
今回は、淡色スレッドを使用したので、アクセントに赤いスレッドでトリミングを施した。