[ホーム/釣り紀行/6月22日(2日目)]

北海道十勝周辺 : 2017年06月20日〜28日

6月22日(2日目)
6月20日〜21日(1日目)
6月22日(2日目)
6月23日(3日目)
6月24日(4日目)
6月25日(5日目)
6月26日(6日目)
6月26日〜27日(7,8日目)

【猿留川で釣った尺ヤマメ】
4時半起床。気温17度。
雨音と態勢が悪くて寝不足である。
特に今日の目的地を決めていた訳では無いが、それでも早く川へ行きたい一心で雨の中を出発。
途中、橋を渡る度に川をチェックしながらの運転。何本か気になる川はあったが、せっかく北海道まで来ているのに、小渓流で小物を狙うような釣りはヤメたい…もっとダイナミックにいかなきゃね!
朝飯の確保に入ったセイコーマートには、ほっかほかのおにぎりが売られていた。特に「すじこ」「鮭」「鮭&明太子」が美味い!!!
これ以降このおにぎりがクセになり、北海道滞在中は毎朝セイコーマートで同じ具のおにぎりを買い続ける事に。
これ、こっちのコンビニでも同じ事やれば大うけすると思うんだけどな。
【歌別川】
地図を読むと、えりも町を流れる「歌別川」が流程といい流れる位置といい、とっても魅力的な川に映る。そうと感じれば、ここを本日の第一目的地と定めるのは必然でしょ!
いざ現地へ着いてみると「全面禁漁区」の川だった。は?なにそれ?トホホ…
なんとも残念な話である。

自分の周りには、だーれも人は居ない。「バレやしないって!釣っちゃえよ。いい釣り出来るゾ?」と悪魔がささやく。
釣る気は無かったが(ホントだって!)、中流部の適当な脇道から川へ向かってみると、これでもかって感じに、どの場所にもしつっこいくらいに「全面禁漁区」の看板が立ててあった。
あちこち探って、運良く看板の無いエントリー地点を見つけたら、しらばっくれて釣りしちゃおうって魂胆が見え見えである。
北海道にもここまで厳重に禁漁区を守る川があるんだなぁと関心。
【猿留川】
歌別川を諦め、ワタシお気に入りの川「猿留川」へ向かう事に。
適当な支流に狙いを定めて川へ分け入るが、背丈ほどもあるクマザサとイタドリの存在が何とも不気味で、持参した爆竹を鳴らしながら先へ進む。
昔、ここ猿留川で親クマと小グマ2頭にご対面した時の事を思い出す……ってかさ、なにもこんな時にわざわざ恐怖をあおる事思い出さなくたって…

型のいいヤマメが沢山釣れた。
だけどいつも思うのは、この時期はまだヤマメは禁漁期間中なハズ。どれも写真とった後にちゃんとリリースしてるけど、果たしてそれでいいのか?
北海道では終年川で釣りする事自体は禁止されている訳では無いらしいので、キープしなければ問題無いと勝手に判断してはいるのだが、正直なところ、何か限りなくグレーって感じ。
【豊似湖】
明日はいよいよ、今回の釣行のメインイベントである豊似湖へ!
一日時間をかけてビッグワンを狙うのだ。
いつも岸辺から遠く離れたところで大きなライズを確認していたので、強行的に昔この湖にカヌーを浮かべて釣りをした事もあった。
やっとの思いで釣っても、ブラウンが釣れた時は複雑な思いだったが、今回もあのライズを仕留めるべく、はるばる横浜からやってきたのだ!相応の釣果を期待したい!!!
明日の下見をしたくて早々に猿留川での釣りをやめ、豊似湖へとクルマを走らせる。と……、あと2kmって辺りで倒木が邪魔して先に進めない…
は?なにこれ?トホホ…
今回の釣行、最大の目的だった豊似湖での釣りが…
なんてこったい…
【音調津(おしらべつ)川】
後ろ髪を引かれる思いでUターン。仕方無いじゃんね…
まだ時間的に余裕が有ったので、場所を音調津川へ移動。
地図を読むと、この川も大変魅力的に映る。理由は流程もそこそこあり、何より川に林道が沿ってない事。エントリーの道が無いって事は、人が入りづらいって事。必然的に魚が残るって事!
まして北海道の釣り人は、こんな小渓流に目の色を変えて釣り上がって行く事はしないのではないか?
ウキウキ気分で堰堤を越えるが、やっぱりここも雰囲気の悪い川だ。クマとの遭遇を避ける為、爆竹を鳴らしながら川を詰める。
だがしかし不思議なことに、いくら釣り上がっても小ぶりなイワナしか釣れない。フライへの反応が「ピチピチ」なので魚の大きさ加減が想像出来る。この川の魚はなんでこんなに細かいんだろう…
しばらく遡行したが、変化が無いので引き返した。
読みが外れたようで残念…
【東広尾川】
地理的に音調津川から近い事もあって、ついでに東広尾川も覗いてみる事に。
水量の多い川ではあるが、場荒れが気になる。川底の石も何となく砂っぽいというか。清流と呼べる雰囲気では無いのだ…
この川では1匹のチビイワナが釣れただけだった…
今日1日で結構な数の川巡りをしたなぁ…
今晩の宿泊先は大樹の道の駅。ここから10kmほど内陸にある忠類の村まで行くと温泉があるのだ。まずはこの温泉で今日一日の汗を流してから、再び大樹の道の駅へ戻ってくる予定。
今日の晩メシは何を作ろうかなぁ…
イメージ画像
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.
イメージ画像