[ホーム/釣り紀行/6月25日(5日目)]

北海道十勝周辺 : 2017年06月20日〜28日

6月25日(5日目)
6月20日〜21日(1日目)
6月22日(2日目)
6月23日(3日目)
6月24日(4日目)
6月25日(5日目)
6月26日(6日目)
6月26日〜27日(7,8日目)

【豊似川支流のヤマメ】
この調子では、十勝の川は軒並み壊滅的なのだろう…そう頭では理解していても、実際に自分の目で確かめたくて、昨日行く事を避けた豊似川へ。
この川の下流は川幅が広く、自分の釣りスタイルと合わないフィールドである為、上流域を探索する事にする。
今朝もセイコーマートでおにぎり3つ!
【豊似川支流(カシュウンナイ沢)】
豊似川の支流は、かろうじて自然渓流が残っていた!
そこは水害の影響をあまり受けていない自然美溢れる北海道特有の渓流だった。
嬉しかった!
釣果こそ15〜18cm程度の細かい型のヤマメしか釣れなかったが、同じポイントからは何匹もヤマメがヒットし、魚影が濃い渓だという事がよくわかる。
やっぱりこうじゃなきゃね!
苦労して探した甲斐が有ったってもんだわ。
林道を進むと、道の真ん中のそこかしこに "クマの糞" があった。
あまり新しいものでは無いようだが、爆竹を準備してきてよかった…
クルマの中から眺める分にはテンション上がるが、いざこの状況でクマザサの茂みへ分け入らなければならないと思うと、やっぱり気が滅入るのであった。

豊似川上流の支流は、どこに入っても釣れた。
もうこれ以上クルマで先に進むのは難しい所まで林道を進むと、右から支流が流れ込んでいる箇所があった。この林道の下をプラスチック製の土管で交差させているのだが、このわずかな溜まりにフライを投げても、良型のヤマメが釣れた。
恐るべし、北海道の渓流!
帰りのフェリーは、明後日の27日、18:45 苫小牧発。
もうそろそろこの辺りで、苫小牧に近寄ってた方がいいのかな?
明日は十勝エリアを離れて、えりもから西の海岸線に注ぐ川を探索したい。

今日は目黒の漁村で1泊する予定だったが、通り過ぎる村民にジロジロと覗かれ、クルマにこもると今度はテレビが受信出来ないときたもんだ。FMも入らないってか。
ここでは世の中の情勢を仕入れる事は出来ないらしい…
そう思うと、急にここが居心地悪くなって、一刻も早く良質な電波が届くところまで移動したくなった。
そんな訳で午後7時目黒漁村を退散し、えりも町まで移動。セブンイレブン&バスターミナルの駐車場で1泊する事に。
イメージ画像
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.
イメージ画像