[ホーム/レンズ通信]

09月16日(月)・曇り後雨
ザリガニとの戯れ



(Canon EOS-1D, EF35-350mm F3.5-5.6L USM, ISO200, 1/1600, ワンショットAF, ノートリ)
ありゃー、夜中にガサゴソとお仕事をしてましたら、いつの間にか外が明るくなっております。それにしても日の出が遅くなりました。 先月なら、4時半っつーと既に薄明るかったってのに、最近なら5時でも真っ暗っすもんねぇ。季節を感じます。
ふぁぁぁぁーぁ、さぁてと、コロの散歩にでも出掛けますか...
そうそう、毎朝の散歩ルートに田んぼのあぜ道コースを入れてるんですけどね、ここがまた気持ち悪いくらいにザリガニが密集しておりやして。何故かとゆーと、そろそろ 稲の刈り入れシーズンで御座いましょ。田んぼの水が干上がると、必然的にザリガニ連中は水を求めて移動するわけ。で、ここが数少ない彼らのオアシスってわけ。
1度やってみたかったんですよね、あの中にたもあみ入れるの。
左手にはコロのリードを、右手にはたもあみを、右肩には我が愛機のEOS-1Dを担いでいざ出発。
(Canon EOS-1D, EF35-350mm F3.5-5.6L USM, ISO200, 1/80, ワンショットAF, トリミング)
途中のルートをはしょります。もうコロの散歩なんてどーでもいーんです。今わただ単に田んぼで遊びたいだけ。
あぜ道に到着してみるってーと、うっひゃー、いるわいるわ...今日もマッカチご健在なり。
で、ひと遊びするにはコロがジャマだなぁなんて考える必要は有りません。なんたって彼は、ワタシに「待て」と言われると、例えヤリが降ろうがパンティーが降ろうが「ヨシ」の号令がかかるまでは、その場から微動だにせず。待たせましょう。(^^)
#しつけておいて良かった。(^^)
早速ひとすくいしてみましたら、おびただしい数のザリ君がアミの中に...ちびっちゃいのを入れてなんと14匹も網に入りました。
興奮し、浮き足立っているワタシに事件発生。これは神が仕組んだ”ワナ”だ...
いや、もしかすると情けないご主人に対するコロの念力なのでしょうか。細いあぜ道でバランスを崩すや否や、右足はズボッと泥の中に...勢いで右45度に傾いた身体の重心を戻そうと半回転するや否や必然的に左足もズボッと泥の中に...これだけでも十分ヘコめる事件なのに、泥に埋まったクツが抜き取れんて。しかも両方。

ビェーーん、泣きながらあぜ道に這い上がります。ビェーーん、泣きながらコロのリードを引きます。ビェーーん、が、彼は踏ん張って動きません。ビェーーん、泣きながら「ヨシ」を言います。ビェーーん、泣きながらお家へ帰ります。

「そーんな泥だらけのズボン、洗濯機で洗えるわけがないでしょぉが」って朝も早よからそんなに大声ださんでもいーでしょーが...