[ホーム/レンズ通信]

09月07日(日)・晴れ
火星大接近!



(Canon EOS-1D, EF15mm F2.8 フィッシュアイ, ISO200, 解放3秒, MF, ノートリ)
6万年ぶりの大接近って言ったところで、月のように大きく接近するわけでは御座いませんで、肉眼ではいつも見ている火星と何も変わらないのであります。
写真は、自宅の庭から南の夜空を眺めたところでして、「ををー、こんなに大きく写ってんぢゃん!」なんて言わないで下さいね。右端にボーッと映っているのは”おーつきさん”ですから。
月の左延長線上にポチッとある小さなピンポイントが問題の火星なんですが、こんなんぢゃちっとも分かりませんよねぇ。
そこで、サービス精神旺盛なワタクシとしては、600mm超望遠レンズほたる石入り(<だからなんだ)を出動させるべく、2階からヒーコラと下ろして参りました。
これに2倍テレコンを装着して1200mmってーと、肉眼のおおよそ24倍の倍率になります。

さー、どう見えますことやら。わくわく♪
(Canon EOS-1D, EF600mm F4L USM, + X2, ISO800, 解放1秒, ノートリ)
あわわ...
酔っぱらっている挙げ句にレリーズケーブルが無いとこうなりまふ。

まぁ、いずれにせよ、小さな点が大きな点に映る程度では到底観測なんて無理っすね。

#ちくっしょう
(Canon EOS-1D, EF600mm F4L USM, + X2, ISO200, 1/20, ノートリ)
こりゃ手ごわいぞと、気合いを入れ直して撮ったのがこちら。
んでも、やっぱり遠いですね。ちゃんと天体観測をしようと思えば、それ用の機材を使えって事でしょうか...
(Canon EOS-1D, EF600mm F4L USM, + X2, ISO200, 1/6, トリミング)
こちらはオマケ。
火星では有りません。月ですよ。月。^^;

#をを、ウサギがもちを...