[ホーム/自作フライの紹介/ドライフライ系]



アダムスリオグランデ





アダムスと呼ぶには、ちょっとイメージがずれる感も有りますが、パラシュートアダムスを巻く際に使用するマテリアル と全て一緒です。

このパターンを取り出す時は、決まって日も暮れかけてフライが見にくくなった時か、もしくは思いっきりロングキャストをしなければならない 時、どちらも高い視認性が必要な場合ですね。
写真のフックサイズは#12。
私が思うに、このフライはこのサイズだからこそリオグランデなのであって、このサイズを落としてしまうと、テレストリアルの”ブラウン・バイビジブル” なんかとそれほど変わらなくなってしまいます。