インドア水遊び
毎年禁漁の時期には、決まって何となく落ち着かず、気持ちここにあらずといった状態が続くのは、それが釣りへ行けない禁断症状だという事は自分でも自覚していて、その気持ちを落ち着かせる為に過ごす時間を称して「インドア水遊び」。

外で水遊び出来ないのだから家の中で遊ぼうという意味なのだが、要は、来る解禁日に向けて、もしくはその先のドライフライ全盛期に思いを馳せて、フライのストックを増やし、溜まったフライボックスを眺めてはフィールドへ立てる日を今か今かと待ちわびる。
だが、いくら好きな物に囲まれて至福の時を過ごしているとは言え、所詮は釣りへ出掛けられない歯がゆさを紛らわすだけの時間だと言ってしまえばそれまでで、何をしていても釣り心をかき立てられる辛い時期である。
そして困ったことに、釣り道具が増えるのは決まってこの時期でもある。
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.