[ホーム/芸者ロッド・リメーク計画]
曲がり直し
とにかく、あっちゃこっちゃ至る所が波打ってるわ湾曲してるわで、矯正するにはかなりの技術と忍耐が必要と見た。
今回は、これらを直線に仕上げるところまで完璧に直すつもりは無いので、ポイント的に目に留まった箇所だけ手を加える事にした。
1,釜ゴテ
うちのおかんが和裁を仕事にしている関係で、ちょいとばかり拝借。
本機の利点は、温度調節が細かく設定出来る事と、ヘッド面積が小さいので細かい部分に熱を加えるのが非常に楽。

#しばらく借りておこう...
2,トップセクションの曲がり矯正1
先に申し上げておくと、本来ブランクの焼き入れは接着前に行う行程であり、張り合わせ後の作業は、はあまり好ましくないので念のため。
ついては、アクションに影響が出る可能性が否めないので、極力酷い箇所に限って行う事を心がけたい。


200度に上げたコテを1分程曲がり箇所に押しつけ、表面に若干の焦げ色が付いた頃を見計らってバイスに挟む。(下項参照)
焼き入れ箇所は、6面全てに熱を加える事を忘れずに。
3,トップセクションの曲がり矯正2
バイスを利用して、適当な力加減でブランクを挟む。

直接挟むと、ブランク表面に無数のキズがつくので、木片や薄手のレザー等を利用すると良い。
写真は”ヒノキ材”を使用。
4,バットセクションの曲がり矯正
ティップと違い、上記のコテでは熱を伝えづらいので、太いブランクには家庭用のアイロンを使用した。
高温ドライの設定で、曲がり箇所に2〜3分程アイロンを押しつけ、温度が伝わったらバイスに挟む作業を繰り返す。
5、矯正前のブランク
このロッドは、特に節周りが湾曲しており、きちんとノードスタカリング(節ずらし)を行っていない為と思われる。
また、仕上げ削りが荒い為、波打った様な張り合わせで、きれいな直線が描けてない。
6、矯正後のブランク
この位までは、コテとアイロンで矯正出来る。
逆を言えば、ある程度の直線が出ていないと、次項で説明する”スパイン(キャスティング時のロッドバランス)”が出しづらくなるので、単調で面倒では有るが、とても大切な作業だ。