主に山梨県内のフライフィッシングに関する話題をお届けする釣り情報サイトです。
[ホーム]
ヤマトイワナ探釣記

はじめに
インターネットで公開されている情報の中から”ヤマトイワナ”の文字が目に留まったのは、1995年夏の事だった。
たぶん次の釣行に備えての情報収集をしている最中だったと思う。それ以前も名前だけは聞いた事が有ったので、その存在は知ってはいたものの、なにげにそのサイトをクリックして 出てきた写真が強烈なものであった。思わず「なにこれ!」と口走ってしまった程に、体色と言い、その魚がかもし出す厳粛な雰囲気と言い、それは明らかに普段私が釣っている ニッコウ系のイワナとは別の生き物だった。
それからというもの、彼らは私の意識の何処かに必ず居て、あの日からの5年間、ただの一度たりとも彼らの存在を忘れた事はなかった。1度だけ該当種と思われる魚を南アルプス の渓で釣り上げた経験を持つが、度重なる引っ越しを繰り返すうちに貴重な記録写真が行方不明になってしまい、一生の汚点と言える失敗に、現在も後悔きわまりない思いで日々 を送っている。
そんな折り、植物に精通した友人の1人から、絶滅の危機に瀕しているスミレ種を長きに渡って探し続けている事を知らされた。その情熱とこだわりに感銘を受けたと同時に、 私は彼からあるヒントを得たのだった。
”南アルプスに棲息するヤマトイワナの個体差を調べ、棲息分布のデータベースを作ってみよう”
私の住む甲府からは、朝起きれば南アルプスが間近に見え、いつも親しみを持って眺める山であるのはもちろんの事、日頃から釣りでもお世話になっているこの山々に、 貴重な魚種がいつまでも温存され続ける事を信じて開設したコーナーだ。
時間はかかっても、自分に対して出した課題でもあるため、必ずや納得出来る有益な結果を残そう。
ヤマトイワナについては、その存在を多くの方々に詳しく知って貰いたい願望も有るが、なにぶん絶滅に瀕した希少種であるが故に、乱獲を防止する意味で、河川名やその土地を示唆する 一切の情報は、あえて伏せさせて頂いている事を予めご了承願いたい。
2000年3月18日 記
2000年4月29日 :  天竜川水系 A川  未確認
     
2000年5月29日 :  早川水系 A川  未確認
     
2000年6月25日 :  釜無川水系 A川 A−1支流   純血1尾・ハイブリッド多数
     
2000年7月01日 :  釜無川水系 A川 A−2支流   純血17尾・ハイブリッド2尾
     
2000年7月10日 :  早川水系  B川 B−1支流   ハイブリッド6尾
     
2000年9月09日 : 
         10日 : 
釜無川水系 B川   純血5尾・すくったヤマメ1尾
     
2000年9月24日 :  釜無川水系 A川 A−2支流   純血29尾
 

 

2001年探索記録

昨年は、比較的入渓しやすい下流域及び中流域を重点的に探索していたが、当初予想していた以上に結果を出すのは難しかった。
理由は簡単、それだけ山梨県下に棲息する"ヤマトイワナ"のフィールドは、目を覆いたくなる程に荒廃している為だ。故に魚数は極端に少ない。
今シーズン再びヤマトイワナ探索に望むに当たって、正直申し上げると、去年の実状を肌で感じているだけに、順調に吉報をお届け出来るとは到底思えない。
一刻も早く彼らの雄志を記録し、正確な状況を世間に伝えなければ、取り返しのつかない事態に発展するのは必至で、そう考えれば絶望に似た不安感を抱かずにはいられないのは当然だろう。
今現在ヤマトイワナは、決して人の辿り着けないところで自適に棲息している訳では無く、わずかながら生き残っている彼らは、防御する手だても無く、天敵の人間から逃れようと必死且つひっそりと、 そして、かろうじて生き続けているのが実状なのだ。
どうか、該当魚種を釣り上げた場合は、いかなる理由が有ろうともキープせずみ流れに返して頂けるように。
2001年4月15日 記
     
2001年3月17日 :  早川水系 C川 C−1支流   未確認・ヤマメ(アマゴ)7尾
     
2001年4月21日 :
       5月01日 :
早川水系 D川 D−1 D−2支流   未確認・ヤマメ(アマゴ)3尾
     
2001年5月05日 : 
         06日 : 
早川水系 A川   尺ヤマト、他ハイブリッド多数
     
2001年5月12日 :  早川水系 A川 A−1支流   ハイブリッド多数
     
2001年9月14日 : 
      〜9月17日 :
早川水系 E川 E−1、E−2支流   純血多数
 

 

2002年探索記録

ヤマトイワナの生息域を探し続けて早8年目。
ここに至るまで、危険な目に遭遇した事数知れず。素直に思い返せば、多大な労力と時間と金を掛けて丸7年間探索し続けて来た訳で有るから、せめてもの代償として 「ヤマトイワナの桃源郷」とでもいうべき生息エリアが多数発見出来れば良かったのだが、現実はフィールドの荒廃により楽観出来る状況に無い事を肌身で感じた7年でも有った。
南アルプスに流れる全水系の内、水源付近を含めてまだ探索が済んで無い河川は残すところ後6本。
これらのフィールド全てに共通して言える"エントリーの難しさ"が故、今まで探索を避け続けてきた特別区域でもある。果たしてこの6河川に、ヤマトイワナが生息しているか否かは 現在の所知る手だても無いが、超一級のキレットに源を発するこれらの河川は、地理的位置・高度・周辺の生息筋などから推測するに、期待が持てないエリアでは無い。ただし、 運良く出会えたとしても、生息可能なわずかな区間を想像すれば、数もビビたるものなのだろう。
もはや絶滅は時間の問題と思われる。
2002年5月14日 記
     
2002年5月13日 :  早川水系 F川 F−1支流   うぅ〜ん残念!惜しい!もう少し頑張れば...
ハイブリッド多数
     
2002年7月24日 :
         25日 : 
早川水系 E川  純血1尾・ハイブリッド多数
 

 

2003年探索記録


いたたまれない心情から去年の探索レポートにはアップする気になれなかったのだが、 それまでかろうじてヤマトイワナの生気を守り続けて来た生息河川が、ついに1つ消えた。
源流地帯の糸の様な、か細い流れの中で、かろうじて生きながらえていた彼らは今はもう居ない。
隣の尾根の、皆目見当もつかない場所から資材運搬道路を延ばし、水源以遠の水も無い断崖付近から砂防工事を着工し、 生息筋のド真ん中にまで、総勢7機の堰堤を出現させた。
この生息域を発見した一昨々年、もうこの時から林道工事を進めている事はこの目で確認してはいたが、 まさか生息域の上流に向けて、ユンボや資材を運ぶ為の道筋をつけているとは夢にも思わなかった。
今の時代、イタリア・ドイツのファッシズムやナチズムじゃ有るまいし、人的犠牲を被るかも知れないこれらの工事が、 地元代議士との癒着によって、理路整然と行われている事実がワタシは到底理解出来ない。
大切な公共工事は、至る所に転がっているハズなのに。
いつ崩れるかわからぬ危険なトンネルはごまんと有るだろう?小学生が通学するゾーンに歩道やガードレールの無い箇所だってごまんとあるだろう? 地震が来たら、道ばたの壁が崩壊しそうな箇所だってごまんとあるだろう?
何故、必要なところに金を掛けず、不必要なところにばかりに金を流す?
2003年5月16日 記
     
2003年5月15日 :  早川水系 F川 F−1支流   迫り来る鉄砲水に呑み込まれ、後は何が何だか...
イメージ画像
Copyright © ADAMS Yamanashi JAPAN All Rights Reserved.
イメージ画像